ウィルスメール対策設定

ウィルス検知時のメール通知設定

ドメイン全体で設定可能な機能です。

受信または送信したメールにウィルスが検知された場合、その旨を通知することができます。
初期状態では本機能は無効になっており、ウィルスを検知しても通知を行いません。

ウィルス検知後のメールは、Alive Mail Filterのサーバー上で削除され、復旧はできません。
必要とされるメールが削除された場合は、当該メールの送信者までメールの再送を依頼してください。

amf-domain-virus.jpg

受信時の通知先

  • 「受信者宛」にチェックすると、ウィルスメールを受信したアカウントに対して、ウィルスを検知した旨が通知されます。
  • 「指定アドレス宛」にチェックすると、「受信時の通知先アドレス」で入力した宛先に対して、ウィルスを検知した旨が通知されます。

送信時の通知先

  • 「送信者宛」にチェックすると、ウィルスメールを送信したアカウントに対して、ウィルスを検知した旨が通知されます。
  • 「指定アドレス宛」にチェックすると、「送信時の通知先アドレス」で入力した宛先に対して、ウィルスを検知した旨が通知されます。

検知メールの件名

ドメイン全体で設定可能な機能です。

受信メールにウィルスが含まれている場合、ウィルスを駆除した旨のメール通知を行います。
通知メールの件名に任意の文字列を指定したい場合に入力します。

標準では「[Alive Mail Filter] ウィルス検知のお知らせ」という件名でメール通知が行われます。

検知メールのフッター

ドメイン全体で設定可能な機能です。

ウィルス検知時のメール通知設定を有効にしていている場合、ウィルス検知時に指定アドレス宛にメール通知を行います。
通知メールのフッターに任意の文字列を指定したい場合に入力します。


添付ファイル: fileamf-domain-virus.jpg 1009件 [詳細] fileamf-virus-mailer3.jpg 1124件 [詳細] fileamf-virus-mailer2.jpg 1122件 [詳細] fileamf-virus-mailer.jpg 1141件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-11 (木) 17:05:37 (44d)